is a French and Japanese multi-media and conceptual visual designer working in the intersection of design, art and technology. His works question the impact of digital media, ancient traditions and the benefit of intercultural interactions. He explores the tensions between physical and digital realities.

He focuses on the social implementation of design and believes in the importance of cultural mix in the design process. His projects and design practice aim to seek visual expressions formed on the idea of design fiction, exploring possible realities inspired by medias, culture and technology.

He also works as an independent conceptual, graphic and interaction designer, collaborating with a range of researchers, developers, artists, and designers. He graduated from the Design Academy Eindhoven (NL) in the Man&Media department, studied Graphic Design at the Rhode Island School of Design (USA) and holds a BA in Product and Industrial design from Ensaama, Paris (FR).

Please get in touch for more information, CV, collaborations.

info@masayakochi.com / Instagram

幸地正矢は、日仏デザイナーとして、デジタルメディアと伝統文化の影響を問いかける事と異質文化との相互作用による有益性を専門に仕事をしている。

デザインのプロセスにおいて文化を混合するという重要性を信じ、社会の充足に焦点を当てる。プロジェクトとデザインの実践は、常にデザインフィクションの概念に基づいて視覚表現の探求をしている。

そしてまた、独立したグラフィックデザイナーとして、アーティスト、デザイナー、開発者、研究者達と共に仕事をする。幸地正矢は、オランダの デザインアカデミーアイントホーフェン の人間とメディア学部を卒業した。そして、グラフィックデザインを米国ロードアイランドスクールで学んだ。パリ国立美術工芸高等学校で工業デザイン科を卒業した。現在アイントホーフェンとパリを行き来して仕事をしている。